【バンブラP】2020年5月にネットワークサービス終了・出来なくなること出来ること

スポンサーリンク

ハロウィンだった2019年10月31日、悲しいニュースが入ってきました。

ニンテンドー3DSの音ゲー「大合奏!バンドブラザーズP(以下バンブラP)」のネットワークサービス終了が告知されました。

ニンテンドー3DS『大合奏!バンドブラザーズP』ネットワークサービス終了のお知らせ|サポート情報|Nintendo
ニンテンドー3DS『大合奏!バンドブラザーズP』ネットワークサービス終了のお知らせ。

簡単に説明すると、インターネットを利用したバンブラPのサービスは2020年5月1日(金)の0時をもって、全て遊べなくなります

そんな今回の記事では、バンブラPのネットワークサービス終了のスケジュールを確認しつつ、バンブラPで出来なくなること、そしてネットワークサービスが終わっても出来ることを整理していきたいと思います。

スポンサーリンク

バンブラPネットワークサービス終了スケジュールは2段階で実施

バンブラPのネットワークを利用したサービス終了は、2020年5月1日0時と書いていますが、全てのサービスが5月1日に一斉に利用できなくなるわけではなく、2019年12月20日で終了するもの、2020年5月1日に終了するものの2段階で実施されます。

順番に確認していきます。

2019年12月20日(金)16時で終了すること

・トマトの販売

トマトは、バンブラPのゲーム内ショップで楽曲や衣装等のコンテンツを入手する際に使用する、ゲーム内通貨です。

このトマトはゲーム内で購入する事ができますが、ネットワークサービス終了前の12月20日に購入する事ができなくなります

なお、パッケージ版に付属のトマト100個の引換コードは、5月1日0時まで使用する事が可能ですが、5月1日0時を過ぎると楽曲のダウンロードも不可能となるため、引換コードが手元に残っている方は、早いうちに使用しておきましょう

・ダウンロード版バンブラPの販売・配信終了

・バンブラPデビューの配信終了

ダウンロード版とデビュー版の違いについては、こちらの記事を見ていただいた方が早いので詳しい説明は割愛します。

簡単に言うとダウンロード版はパッケージ版(店頭で販売されているもの)と同じ内容のものを購入&ダウンロードして遊ぶもの、デビュー版は作曲機能やトマト100個コードの無い代わりに、無料でダウンロードできる「簡易版」といった立ち位置のものです。

この2つとも、ダウンロードは12月20日16時までとなります。

なお、再ダウンロードについては5月1日のネットワークサービス終了後も可能です。

2020年5月1日(金)0時で終了すること

・楽曲ショップでの楽曲ダウンロード

・「ラジオショップ」でのコンテンツダウンロード

トマトを使用して入手するものは、5月1日で入手が不可能となります。

なお、トマト自体には最大5ヶ月の期限があり、トマトのコードを使用した日にちによっては、トマトの期限がこのネットワークサービス終了よりも後になる場合があります。

その場合でも、トマトは5月1日を過ぎると使えなくなりますので、注意が必要です。

・「遠くの人と合奏」機能(フリー合奏・フレンド合奏)

デビュー版、製品版関係なく、インターネットを利用した合奏機能が遊べなくなります

・楽曲投稿(オリジナル曲投稿)

既存の楽曲の投稿については2017年3月21日に終了しています。

しかし、この楽曲投稿終了後も、ゲーム内のラジオ放送局である「スッポン放送」で、不定期でテーマを設定したオリジナル楽曲のコンテストが開催されていました。

そのオリジナル曲投稿が終了になります。

・ラジオ(オンライン番組)の視聴

ラジオ目的にバンブラを遊んでいたであろう方は少ないと思うので、ピンと来ない人も多いかと思います。

9129 スッポン放送 OFFICIAL WEBSITE
ギリギリアイランドにあるラジオ放送曲「9129 スッポン放送」のOFFICIAL WEBSITE

このスッポン放送公式サイトを見ていただくとわかるかと思うのですが、このような形でオンラインでのラジオ番組を放送していまして、バンブラP内でもオンラインであれば視聴が可能です。

スッポン放送のラジオ放送については現時点でどうなるのかは不明ですが、バンブラP内でオンラインのラジオ番組は視聴できなくなります

2019年12月20日に3項目、2020年5月1日に5項目がサービス終了となり、インターネット(ネットワーク)を利用したサービスは使用不可能となります。

スポンサーリンク

2020年5月1日を過ぎてもバンブラPで出来ること

バンブラPというゲームが、基本的にインターネットを利用して楽しむという仕組みでしたので、今回のネットワークサービス終了というのは、楽しんでいた機能の大部分が遊べなくなるという印象が強いです。

ただ、インターネットに接続していない環境でも遊べる機能については、2020年5月1日を過ぎても遊べます

ネットワークサービス終了後も遊ぶことのできる機能について挙げていきます。

・ひとりで演奏

トマトを使用して曲を入手する事はできなくなるため、既に入手している曲か作曲機能で作った曲で遊ぶ形になります。

・近くの人と合奏(みんなで合奏)

ローカル通信での合奏はネットワークサービス終了後も可能です。身近にバンブラ仲間がいるのであれば、手持ちの楽曲を持ち寄ってバンブラ合奏を楽しみ続けられますね。

・作曲 ※製品版のみ

もちろん投稿は不可能なので、基本的には自分で作ったものを自分で楽しむスタンス(近くの人と合奏で遊ぶことは可能)となります

それでも作った曲を再生した動画をネットに上げる等、誰かと共有できる可能性は残されています。

・楽譜交換(ローカル通信) ※製品版のみ

こちらも製品版のみの機能です。

ローカル通信で、作曲した楽譜を交換したり、貰ったりあげたりすることが可能です。

身近にこの機能を利用している人がいる…という前提にはなりますが、もし交換出来る知り合いがいる場合は、この方法でプレイする楽曲を増やすことが出来ます。

これら以外にも、ネットワークサービスが利用できる間にダウンロードしていたコンテンツも、ネットワークサービス終了後に遊び続けることが可能です。

複数人で遊ぼうとするとローカル通信のみ対象という環境になるため、敷居が高くなるのは否めません。

ただ、一人で黙々と遊ぶのであれば、サービス終了前に曲をダウンロードしていることが前提とはなりますが、作曲で遊んだり演奏機能を遊び続けることはできます

しかし、ネットワークサービス終了後にバンブラP製品版を購入しても、トマトで楽曲を増やすことが出来ないため、これまでバンブラPを遊んだことのない方の購入はおすすめできなくなります

楽曲データはゲームカード内ではなく本体側のSDカードに保存されるため、中古で購入しても楽曲は初期曲の4曲しか遊べず、先述の作曲+楽譜交換でしか曲を増やすことができなくなるためです。

個人的な感想…覚悟はしてたけど、やっぱりさびしい

正直、2017年3月21日に楽曲投稿機能が終了し、一部のオリジナル曲を除き新規楽曲の配信が無くなった時点で、バンブラPの魅力がかなり落ちてはいた…というのが本音ではありました。

Nintendo Switchもライト版が発売され、ニンテンドー3DS自体も徐々に前の世代の携帯ゲーム機という色合いも強くなってきたと感じています。

そんな状況の中、メインであった投稿機能終了から約3年もサービスが続いていたという事については、素直にありがとうという気持ちです。

ただ、個人的にはLINEプレイつりともの今月でのサービス終了に続いて、このバンブラPも実質サービス終了という事となり、一時期熱心に遊んだゲーム達が立て続けに終わってしまうという事実がただただ寂しいですね。

完全に遊ぶことができなくなるつりともに対し、バンブラPはサービス終了後も遊ぶこと自体は出来るので、そこは救いではありますが。

ここ最近は、音ゲー(リズムゲーム)はシャニライ等のスマホやタブレットで遊ぶものばかりで楽しんでいましたが、またニンテンドー3DSを引っ張り出して、バンブラPも楽しもうかなと思っています。

しばらくトマトも未所持でしたが、今のうちに気になる楽曲を沢山ダウンロードしておこうかと考えています。

バンブラP製品版がかなり叩き売りされていたという状況だった(だからこそ私はバンブラPを購入したのですが)からなのか、ニンテンドースイッチ版やスマホアプリ版等の新作の動きが見えないままのサービス終了発表は残念ですが、今日の時点でまるまる6ヶ月バンブラPを100%の状態で楽しめます

もしバンブラPが気になる方がいたら、無料のデビュー版は2019年12月20日16時までダウンロード出来ますので、ぜひデビュー版だけでも試してみてくださいね。

大合奏!バンドブラザーズP デビュー | ニンテンドー3DS | 任天堂
ニンテンドー3DS『大合奏!バンドブラザーズP デビュー』の紹介ページです。

それでは今回は、このへんで。

コメント

  1. 愚民共 より:

    おいw
    始めたばっかりだぞw
    任天堂頭大丈夫?
    バジトレはさすがに無理か