Twitter公式アプリの良いところ・悪いところ

スポンサーリンク

ツイッター公式アプリの良いところ・悪いところ

スマートフォンでTwitterを利用している方のほとんどは、Twitterの公式アプリを利用していると思います。

Twitterをやる=Twitter公式アプリで利用するもの…という認識をお持ちの方も大多数いることでしょう。

そんな今回は、このTwitter公式アプリの良いところと悪いところについて、改めて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

Twitter公式アプリの良いところ

まずは公式アプリの良いところについて書き出していきます。

通知がすぐ来る+種類も細かい

いいねされた時やリツイートされた時や、リプライが来た時の通知がすぐに来ます。
そしてフォローされた時の通知が来るのも便利ですよね。
クライアントアプリ(Twitter者とは無関係の第三者が開発したアプリ。詳しくは後述します)だと即時に通知が来なかったり、いいねされた時の通知が来ないものが多いため、やはり通知の利便性は公式アプリが一番です。

誰にいいねされたかがわかる

クライアントアプリだと、いいねされた人数がわかっても、誰がいいねしてくれたかがわからないのです。
一方、公式アプリは通知だけでなく、ツイートからも誰がいいねしてくれたのかを一覧で確認ができます

アカウント毎にツイート通知が設定できる

アカウントがツイートした時に通知してくれる機能も、とても便利ですね。
この機能があるから公式アプリを使用している…という人も多いのではないでしょうか。

公式アプリでしか利用できない機能がある

ざっと思いつくのは、アンケート機能、グループDM(ダイレクトメッセージ)機能、任意のツイートを一番上に固定しておける機能です。
クライアントアプリのGoogleプレイストアのレビュー欄を見ても、これらの機能が非対応だから…という理由で評価を下げているものを見かけますが、Twitter社がクライアントアプリ向けには使えない仕様にしているから、クライアントアプリでは使用できないのです。
正直、個人的には活用しきれてない機能が多いのですが、利用している人の多い機能ではあると感じています。
公式アプリの良いところを書き出してみましたが、特に、通知面においては公式アプリが一番優秀と断言して間違いない状況となっています。
ここまで書くと、やはりTwitterは公式アプリ一択ではないかと思ってしまうのですが、ここからは、公式アプリの良くないと感じる部分について書いていきます
スポンサーリンク

Twitter公式アプリの悪いところ

 タイムラインが見づらい

本当にこのひと言に尽きるんですが、Twitterの本分は「色々なツイートをタイムラインで見ること」のはずなのに、このタイムラインが見づらくなっているという本末転倒な状態になっています。
具体的にタイムラインが見づらいと感じる理由を挙げていきます。

タイムラインの途中に広告が入る

公式アプリを使用している方には、見覚えがかなりあるのではないかと思うのですが、タイムラインのツイートの間に広告が入ってきます
Twitterタイムライン内広告(TL)
※Amazonの広告を貼りましたが、特に意味はありません
 
収益をあげるために、広告が必要なのだろうということは理解できます。
理解はできますが、なぜわざわざツイートの合間にねじ込んで表示させようと考えてしまったのでしょうか。
不快な内容の広告については、表示させないようにしたり、広告のアカウントをブロックすれば表示されなくなります。
しかし、広告表示そのものは完全に消せないため、根本的な解決にはならないです。

タイムラインが時系列で表示されない(設定で時系列に変更可)

 
設定で時系列の表示に変更することは可能(「最新のツイートを表示」にする)なのですが、アプリの更新後等は「トップツイートを表示」がデフォルトになっているようです。
トップツイート表示はTwitterが重要性が高いと判断したツイートを優先的に表示してくれるため、あまりTwitterを覗かない人には便利なのかもしれません。
でも、こちらは純粋に時系列のツイートが見たいので、こっそりトップツイート表示に入れ替わっている時に混乱してしまうことがあります。

フォロワーのいいねしたツイート・フォローしているアカウントのツイートも表示される

フォロワーがいいねしたツイートや、フォロワーがフォローしているアカウント(自分はフォローしていないもの)のツイートもタイムラインに表示される仕組みが、好きではありません。
Twitterフォロワーのいいね、フォロー情報
ツイートにいいねする時の基準って、人それぞれだと思うんです。
純粋にツイートの内容がいいねって思ったからいいね。
後でいいね欄からさっと読み返したいと思ったツイートにつけるいいね。(一応これとは別にブックマーク機能はありますが、操作が直感的でないのがネックです)
いわゆる既読の意味でのいいね。
そんな自分のいいねの基準とは違うかもしれない、他人のいいねの情報
他人のいいねって、そんなに気になるものではないですし、逆に自分のいいねしたツイートを、他の人と共有したいと思っていいねしている訳じゃないですよね。
そもそもツイートを誰かと共有したい気持ちがあるなら、リツイートで伝えます
フォロワーがどのツイートをいいねしているのかは正直興味を持てないですし、フォロワーのフォローしているアカウントのツイートなんて、わざわざ表示してもらわなくても…って思ってしまいます。
ただでさえおすすめユーザーの表示もあるのに、ここまでしつこく表示する必要はないと感じています。
公式アプリなのに、タイムラインが見づらくなっているという欠点は、ただただ残念です。

Twitterはクライアントアプリで見ています

以上の様なことがストレスに感じるようになったため、公式アプリでTwitterを見るのはやめて、現在はクライアントアプリからTwitterを見るようになりました
クライアントアプリ?と思われた方はこちらの記事に
クライアントアプリ…といっても様々なアプリがあり、特色もアプリによって違っているため、まだこのアプリ!と定まっている訳ではないのですが。
ただ、どのクライアントアプリでも、タイムラインは時系列で、ツイート形式の広告は表示されない(一部のアプリでは画面上部か下部に広告表示あり)ため、ストレスなく快適にタイムラインを見ることが出来ます
たた、通知については公式アプリが一番優秀なのは事実なため、公式アプリはなかなかアンインストール出来ていません
でも割り切って、Twitterアプリ2個で良いとこどり的に使うのもいいのかもしれないですね
それでは、今回はこのへんで。

コメント