続・緑色日和。

好きなことや気になることを、気まぐれに。

Zenfone zoom Sを1年使ってきた感想【驚異のバッテリーは変わらず】

スポンサーリンク

昨年の5月に家族の事情でHuawei novaからZenfone Zoom Sに使用しているスマホを変更しました。

性能等、当時の記事のリンクはこちら

midori-biyori.com

それからほぼ1年が経過したので、ここまで使用してきての感想を書いておこうと思います。

バッテリー持ちはあまり変わらない気がする

このZenfone Zoom Sは「zoom」の名の通り(?)カメラ機能に力を入れているスマホなんですが、バッテリーが5000mAhというかなりの大容量であった事から、事前に全く知らない状態だったにも関わらず購入に至りました。

ただ、いくら大容量バッテリーといえでも、やはり1年も使っていると劣化も出てくるんだろうと思っていましたが。

実際、1年使ってみると…正直劣化してるかよくわかりません。

購入した時よりは、多少劣化しているのかもしれませんが、休日にがんがんゲームやらネットやらでスマホを使い倒しても全然余裕でバッテリーは残っています。

相変わらず1日に1回の充電で全く問題ありません。

以前、外出時にグーグルマップのナビをGPS使用しつつ、グーグルプレイミュージックで音楽ストリーミングで流しつつ、娘用にテザリングでWi-Fiの電波も飛ばす

というわりとハードな使い方を3時間ほどした時、充電が100%から69%になっていました。

特にナビについては、電池の消費が激しいと思いますので、きっと他のスマホで同じことをしたら、もっと充電が減っているのではないでしょうか。

大容量バッテリーなだけあって、さすがに充電にかかる時間も長いです。

でもその分はしっかり持つので仕方ないですね…

ゲームはAndroid8で若干改善?

あと、ゲームの使用感ですが、↑のリンクの記事だと音ゲーアプリ(シャニライ)プレイ時に若干かくつく時があると書いているのですが。

昨年androidのバージョンが7から8へのアップデートがあり、それ以降はかくつきがかなり減ったような感じはあります。

元々、目の疲れ対策のためゲーム内の演出はほとんどオフにして遊んでいる効果もあるのかもしれないですが、音ゲーを遊んでいて苦痛を感じることはあまり無いように感じます。慣れただけなのは否定できませんが。

ただ、デレステなどの3Dの動画が背景で動いているタイプのゲームはかくかくしている様に見えました。2Dにすれば割と快適に遊べましたが、PROはなんとかなってもMASTERの難易度高めの曲は厳しいと感じました。

3D楽しみつつ音ゲーも!と考える方には、やっぱりこの機種は向かないと思います。

それなりの性能…ってやつです。

DSDSも問題なく使える

相変わらずDSDSで使用していますが(sim1→UQモバイルのデータ回線、sim2→ドコモの音声回線で運用)、全く問題なく使用できています。

以前はデータ用のSIMは、BIC SIM(実質iijmio)→OCNモバイルと使用してきたのですが、現在はUQモバイルのデータ通信専用の回線を使用しています。

auの回線を使用したMVNOは今回が初だったのですが、全く問題なく利用できています。

気になる回線の速度も、朝の電車の中で少しサイトの表示が遅く感じる事がありますが、一番速度が遅くなりやすい平日の昼間は、元々表示の遅いニュース系アプリを使用した時以外、特に遅いと感じたことはありません。

BIC SIMやOCNモバイルは昼休み中になかなかサイトが読み込めない…なんて事もあったので、速度が気にならずに使えることはとても有り難いです。

よくCMで流れているのは音声通話付きプランですが、データ通信専用のプランであればSMS機能付きで月980円(3GB・税抜)で使用できるので、気になる方はチェックしてみて下さい。(↓のサイトからは分かりづらいですが、「その他のプラン」にデータプランがあります)

※DSDSって?という方は、こちらの記事で説明しています↓

Huawei novaをDSDS運用化するまで・その一(DSDSとは何か&導入した理由) | 続・緑色日和。

それ以外も含め、機能面では今もほぼ満足していますので、まだまだあと1~2年は使いたいと思っています。

ゲームについてはゆくゆくはiPadでも買って遊ぶのもいいかなと思い始めたのもありますが。

Zenfone Zoom Sのデメリット

スマホケースや保護シートがあんまり売ってない

機種のマニアックさゆえに、対応しているスマホケースや保護シートを探してもなかなか見つからないことです。

別にiPhoneのように100円ショップでもケースが売られている…なんて状態を望んでいる訳ではないのです。

でも、種類豊富とはいえなかったHuawei novaよりも、さらに選択肢が無いです。

ほぼ全機種対応!と謳っている通販ショップのスマホケースのラインナップにZenfone Zoom Sが入ってなかった時の絶望感ったらない。

とりあえず楽天で見つけた手帳型ケースを使っていますが、再度調べてみたらストアが無くなってしまっていました…残念すぎます。

バッテリー持ちは大満足なんですが、アクセサリの選択肢のなさは正直辛いです…

次にスマホ買う時はバッテリーを犠牲にしてでも、もうちょっとsimフリースマホの中でもメジャーなものにしようかなと思っています。

物理ボタンが邪魔になる時がある

Zenfone Zoom Sでは、スマホの画面の下部にホームボタンや戻るボタンなどの物理ボタンがあります。

Huawei novaだと物理ボタンは無く、画面を触ることでボタンが表示される仕組みになります。

最初は物理ボタンがある事で、いちいち画面を操作しなくてもボタンを押せて楽だと思っていました。

この物理ボタン、リズムゲームをプレイしている時にスライド操作をする時に、勢い余って物理ボタンに触れてしまう事が頻発してしまうんですね。

せっかくフルコンボできそうな時に触れてしまって、結果コンボが切れてしまうと本当に悲しいですw

普段使いには悪くないんですけどね…

良いことも残念なこともあるZenfone Zoom Sですが、買って損はしていないと思っています。

最近は新品を売られている機会は見なくなりましたが、バッテリー持ちの良さは中古でも活かされるのではないかと思います。

気になっている方は、是非Zenfone Zoom Sも選択肢に入れてみてくださいね。

それでは、今回はこのへんで。