続・緑色日和。

好きなことや気になることを、気まぐれに。

4年間雑記ブログをやっててよかったことと、しんどかったことを挙げてみた

スポンサーリンク

このブログ「続・緑色日和」をスタートさせてから、4年(と2ヶ月くらい)の月日が経ちました。

月単位でほったらかしにしたり、ほぼ毎日のように記事を書いたり、ムラっ気の激しい状態ではありましたが、なんだかんだで続いてきたな…という感じです。

今回は4年間ブログを続けてきて、良かったと思えること、反対にしんどかったなぁ…と思えたことを挙げてみたいと思います。

それでは、早速本題に入ります。

ブログやってて良かったこと

自分で文章にすることで考えが整理できる

基本的に直感で生きているタイプの私は、物事を「なんとなく」で解釈してしまうことが多くて、あまり何かじっくり考える…ということが少ない傾向があります。

しかし、ブログで記事をアップするようになって、自分の思いついたことや楽しかったことを文章化するようになり、どうしたらうまく文章で伝えられるのかじっくり考えるようになりました

じっくり考えてしまう分、ぱっと記事を書くことができなくて時間がかかってしまうのが欠点ではありますが、文章にすることで自分の考えを整理出来たり、客観的に物事を捉えられるようになりました。

ネットを通じて知らない誰かに発信できる

紙の日記は三日坊主コースまっしぐらな私が、ブログだと4年以上続けられている理由。

それは、間違いなく「インターネットで知らない誰かに自分の記事を見てもらえる」という要素が一番大きいです。

Googleアナリティクスでは、記事を見てくださった方の滞在時間をチェックすることができるのですが、この時間が5分とかだったりすると、しっかり見てもらえたかもしれない…!と思って嬉しさが倍増ですね。
つまらなくて寝落ちしちゃっただけかもしれないけどw

少し前の記事も見てもらえる

ネットを通じて発信というだけなら、TwitterなどのSNSの方が手軽に出来るとは思います。

ただ、ブログがSNSより強いと思えるのは、SNSのようにすぐ多くの人の目に入るような記事は少ないけど、数ヶ月前の記事、下手すると1年以上前の記事も読まれることがあるということです。

Twitterなら数ヶ月前の自分のツイートを探すのも大変だし、そもそも何をツイートしたのかも覚えてないこともしばしばです。
一方、ブログならさっと過去の記事を探し出せるのもメリットです。

ネガティブ・マイナスな出来事も強みにできる

ネガティブな出来事の内容は記事にしない…という方も多いと思いますが、私のブログでのはネガティブだったりマイナス方向な出来事も記事にしてきました

特にネガティブな話題だな…と思う3トップを↓

midori-biyori.com

4ヶ月でパートを転職した時の理由(という名の愚痴)を書いた記事だったり

midori-biyori.com

Twitterの雰囲気(ノリ)について行けず疲れていた時の記事だったり

midori-biyori.com

娘の公立高校受験失敗について書いた記事だったり。

黒歴史として記憶の奥底に封印してしまう人も多いのかもしれませんが、あえて記事として文章化することで自分も冷静になることができたので、私はこれらの記事をアップして良かったと思っています。

意外にもじわじわと読まれ続けているのも、ネガティブな話題の記事だったりしますので、あまり書きたがらない人が多いからこその武器になったのかもしれません。

頑張って書いた記事をアップした時の達成感がクセになる

すごく長文だったり、画像を大量に添付したようなものすごく労力を使ったな…と思える記事を書き上げて、投稿ボタンを押して世に出した瞬間の達成感が大好きです。

頑張って書いたからといって必ずしも多くの方に読まれる記事になる訳ではなくて、結果が伴わないこともいっぱいあります。

それでも、まずは自分が頑張ったことが形になったと感じた瞬間が嬉しいです。

時々お褒めの言葉を貰えたとき、めちゃくちゃ嬉しい

私のブログの記事にはあまりコメントがつくことはありませんし、SNSも活発に運用できているとは言いがたい状態なのですが、それでも時々ブログの記事にお褒めの言葉を頂いたり、記事の内容についての感想をもらえることがあります。

褒められ慣れていないので、態度が前面に出ていないかもしれませんが。

それはもう…

めっちゃくちゃ嬉しい!!です。

記事を見て下さった方に内容が伝わっていることで、素直にブログをやってて良かった!と心から思えますし、ブログへのモチベーションもとても上昇しております。
ただただ感謝です。

次の項目からは、逆にブログでしんどかったことを挙げていきます。

ブログやっててしんどかったこと

基本孤独な作業になるので全てが自分次第

個人でブログを運営する場合、基本的に孤独な作業です。

ブログやってて良かった!と書いてる他のブログの記事を見ると、ブログやっててブロガー仲間ができた!なんて書いてるものを見かけます。
それはSNS等で積極的に交流したから仲間が出来たのであって、SNSを時々しか活用しない場合、ブログを書いてるだけで自然に仲間など増えたりしません。

孤独な作業は、良く言えば「マイペースで出来る」ということになるのですが、がつがつ頑張るのも、ほったらかしにするのも全て自分次第です。

特にブログを始めた頃は、アクセス数もほぼ無いような状態でひたすら記事を書いていくような状態なので、孤独な作業ゆえの虚無感に心折れるブロガーが多いのもよくわかります。

他のブロガーと比べてしまった時の無力感

他のブログのアクセス数ってどうなんだろう?と興味本位で検索したり、SNSでチェックすると、自分よりも短い期間のブログなのにアクセス数が数倍…みたいな方がゴロゴロ出てきます。

比較することで自分のブログのアクセス数が少ないのではないか…という思いが強くなり、自分の雑魚としかいえない現実と、無力感に襲われることがありました

冷静に考えるとブログのジャンルとかでも違ってくるし、比較する必要なんて全くなくて、自分のペースで頑張ればいいんですよね。

申し訳ないけど、「○ヶ月で○万アクセス!」とか「○ヶ月で月収○万(○桁)!」みたいな短期間で結果出したアピールしちゃってる人は正直好きではないし、しょうもないなー…とすら感じています(失礼)。
事実ではないことを盛ってアピールしている人もいると思いますし。

ただ、視界に入ると何かと比べがちなので、極力その手の運営報告は視界に入れないようにしています。

気軽な記事が書きづらい問題

これは2019年7月に無料ブログからWordPressに引っ越して、特に思います。

WordPress移転を考え始めた頃から、様々なブログのアドバイスを見るようになったのですが、
読者目線でクオリティ高い記事を書こう(キリッ)
みたいなアドバイスを大量に見た結果、いつの間にか頑張って書いた記事しかアップしてはいけない…みたいな価値観が出来上がっていました

気持ちが上向いている時は問題ないのですが、ブログ書くのだるい…と思う時はこの思考が完全に自分をしんどくしてしまってるなと感じます。

アクセス数が急に落ちた時

私のブログの場合だと、2020年5月のGoogleコアアップデートの影響で、アクセス数がガクッと落ちました

midori-biyori.com

Google検索からの流入が多いブログだと、Googleの基準一つでアクセス数が大きく左右されるらしいと知っていましたが、いざ自分の身に起きてしまうとモチベーションの維持が難しいと感じました。

特に最近は、検索結果にYouTubeやTwitterのコンテンツが上位表示されることも多く、いい記事を書けた!と思っても検索上位に入らないことが多いので、アクセス数を求めすぎるとしんどいだろうなと感じます。

ほとんどの記事は読まれないという現実

このブログでは、現在約200の記事をアップしている状態なのですが、毎日少しでも読まれている記事は4分の1もあるかどうかくらいの状況です。

特に、私のブログではスマホゲームに関連している記事が多いため、取り上げたゲームのイベントが開催されていない期間のアクセス数は、お通夜みたいな残念な状態になることも日常茶飯事ですw

思いがけず読まれる記事もあるので、数撃ちゃ当たるくらいの気持ちで記事を書いていますが、やっぱり頑張って書いた記事の多くが無反応というのはしんどいと感じる日もありますね。

色々なことがあるけれど、ブログは楽しい

ブログを4年間やってきて良かったことと、しんどかったことを挙げてきました。

改めて良かったこととしんどかったことを振り返ってみると、良かったことは自分がネットで文章を発信したり、反応がもらえるといったシンプルな項目が多いのに対し、しんどいと感じたことは誰かと比較したり、アクセス数のことだったり、上のレベルを目指そうとしたからこその感情だな…と感じました。

しんどいと感じる時は残念ながら確実にあります。
ただ、そのマイナスを差し引いても、ブログという自分の考えたり思ったりしたことを自分の文章&自分のペースでアップできる場所があるというのは本当に楽しいものです。

そして、ブログの魅力は長い期間続けることで記事のストックが増え、ブログなりの個性が出せることなんじゃないかと思います。

たまに昔に書いた記事を見返す時があるのですが、クオリティの低さにあ然としつつw数年前に自分がハマっていたことだったり、考えていたことをさっと振り返られるのもブログならではだな…と感じるのです。

そんなわけで、これからも自分のペースで無理なくブログの記事を増やして、自分の記録を増やしていきたいと思います。
よろしければ、またこのブログの記事をご覧くださいね。

それでは、今回はこのへんで。