続・緑色日和。

好きなことや気になることを、気まぐれに。

【マジLOVEキングダム】円盤(DVD)感想・通常版&初回限定版の違い

スポンサーリンク

マジLOVEキングダム・円盤感想と通常版と初回限定版の違い

うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダムのDVDが、2019年12月25日に発売となりました。
※この記事ではDVDと表記していますが、Blu-ray版も発売されています

私は楽天ブックスで予約していたので、発売日に観ることが出来ました。

マジLOVEキングダム通常版と初回限定版
通常版(左)と初回限定版(右)

改めて思ったことは、やっぱりマジLOVEキングダムって楽しい!の一言です。

今回は、マジLOVEキングダムのDVDの通常版と初回限定版の違いと、DVDを視聴した感想を書いていきます。

なお、映画館では通常上映のみ複数回鑑賞済みで、その時の感想は8月に更新したこちらの記事に書きました。

midori-biyori.com

本編の感想についてはこちらをご覧いただければ嬉しいです。

それでは、本題に入ります。

マジLOVEキングダムDVD・通常版と初回限定版の違い

マジLOVEキングダムのDVDは、通常版と初回限定版の2種類が発売されています。

通常版は、本編が収録されたDVDと、ラスト曲であるマジLOVEキングダム&アンコール曲のWelcome to UTA☆PRI World!!のフルバージョンが収録されている(off vocalバージョンも有)CDがセットになっています。

一方、初回限定版は、本編DVDとCDの他に、特典のDVDがもう1枚付いています

特典DVDの内容は、以下になります。

・公開舞台挨拶のダイジェスト

・キャストインタビュー

・場内アナウンス

・ダンサーによるグループ曲の振り付け映像

・予告編&プロモーション映像

特典DVDだけではなく、付属のブックレットがついていたり、パッケージが豪華になっていたりと、それ以外についても違いが出ています。

マジLOVEキングダム初回限定版
ブックレット(左)とディスクパッケージ(右)

私は、予約は通常版のみで我慢する予定だったのですが、特典DVDの中身がどうしても気になってしまい、初回限定版も発売後に購入してしまいましたw

次からは、通常版と初回限定版、それぞれの違いについて書いていきます。

通常版・シンプルに本編とCDを楽しめれば充分な人向け

先述の通り、通常版は本編のDVDとCDのセットというシンプルな組み合わせです。

シンプルではありますが、十二分にマジLOVEキングダムの世界観を楽しめる内容でした。

上映開始2週目から本編後にアンコール曲が追加され、週替りにこのアンコールの内容が変わるという展開がありましたが、DVDではこのアンコール全4種類を観ることが可能です。

アンコール部分だけの再生はもちろん、本編+好きなアンコールの組み合わせで観ることも可能ですし、アンコール無しの状態で観ることもできます。

更にサウンドの設定で、観客の歓声をオフにして観ることも可能になっています。

そのため、アイドル達のパフォーマンスに集中して観る事ができます。

映画館で観た時に、歓声オフのバージョンも観たいと思っていたので、DVDでこの機能が実装されて嬉しかったです。

お気に入りの曲を何度も観たいと思った時はメニューから一発で選択出来るのも、DVDなので当然かもしれませんが有難いですね。

そして、同梱のCDは、念願のラスト曲&アンコール曲のフルバージョンを聴くことが出来て大満足でした。

本編とCDに収録された楽曲があれば充分!と考える方は、通常版でも楽しめるでしょう。

初回限定版・うたプリ好きならこちらがおすすめ

初回限定版の特典DVDで、一番気になる内容は、2019年6月15日に開催された舞台挨拶ダイジェストでした。

この舞台挨拶は、うたプリの声優さん18名が出演した、トーク中心(ライブパートは全くありません)のステージでした。

第一部は上映後に開催されたのですが、第二部は上映前の開催となっていたため、シーンごとの感想が具体的な第一部の舞台挨拶に比べ、第二部はネタバレしないように配慮しつつ話していて、その歯切れの悪さがちょっと面白かったですw

舞台挨拶当時は発表されていなかったにも関わらずライブへの熱意を語る方が多く、2020年4月のライブ(プリライ7th)開催が決定した現在の状況では、もう期待しかできない感じですね。観られたらいいな…

この舞台挨拶とは別に、キャストインタビューが収録されていて(衣装が舞台挨拶のものと全く同じなので、合間に撮ったぽい)、お気に入りのシーンをこちらでもしっかり語ってくださっていたので、このインタビューも楽しかったです。

このインタビューでは、語っているシーンの映像も同時に流れる仕組みとなっていたため、どの場面の話をしているのかわかりやすくて良かったです。

そして、意外にも楽しかったのはダンサーによる振り付け映像でした。

グループ曲のみの計6曲の映像があり、それぞれのアイドルのイメージカラーのTシャツを着たダンサーの振りを色々なアングルから観ることが可能です。

不思議なんですが、観ているとそれぞれのアイドルっぽさを感じてしまうんですよね…見た感じは全然似ていないにも関わらずです。

振りを覚えてみたい人だけではなく、本編では映っていないシーンの振りもどうなっていたのかがわかるので、一見の価値ありです。

これ以外にも、予告編(北米版も有り)や開場&終了後のアナウンスも全パターン収録されていますし、付属のブックレットにはアイドルのインタビューや曲ごとの演出の解説、イラストも多数掲載されています(キャストのインタビューは通常版付属の冊子にも載っています)。

初回限定版ということで、いつまで在庫が潤沢にあるのかはわかりませんが、うたプリという作品が好きな方、声優コンテンツとしてのうたプリが好きという方であれば、満足できる内容になっているのではないでしょうか。

DVD感想・好きな時にうたプリのライブが観られて幸せ

DVDを購入したことで、自宅でいつでもマジLOVEキングダムを観られる環境となりました。

娘の受験が間近ということや、年末年始の連休が長かったために、なかなかじっくりと観ることはできていませんが、ちょこちょこプレイであっても、楽しいものは楽しいです。

ライブとしては曲数としては少ない方だとは思いますが、むしろ周回を重ねて視聴する分には、気楽に観やすかったとすら感じます。

本編の感想記事に書いた、デメリットの一つであるMCの配分の長さも、さっくりスキップできてしまうので気にならなくなるのは大きいですね。時間に余裕がある時はMCもちゃんと観ていますが。

なお、劇場で鑑賞した際、心から待ち望んでいた観客の歓声オフ機能。

意外にも、自宅で一人で観ている時に歓声オフで観ると、しんみりしすぎていてなんだか寂しい気持ちになりましたw

ライブ本編を観ているはずなのに、スタッフの一人になってリハーサルを見学しているような感覚なんですよね。

ちょっと賑やかすぎる…と感じていた歓声が、マジLOVEキングダムでは重要な要素だったのだとよくわかりました。

劇場の大きなスクリーンと比べると、テレビ画面の小ささは気になってしまうし、音響もびっくりするくらいショボい環境です。

それでも観たい時にいくらでも観られる…しかもお気に入りの曲だけでも観られるというのは、想像以上に楽しく感じています。

素敵なライブ作品を作って下さった製作者の方々に感謝しつつ、これからも自宅で王国生活を満喫していきたいと思います!

それでは、今回はこのへんで。