【アイドリッシュセブン】4周年・大型アップデート

スポンサーリンク

アイドリッシュセブンが昨日の2019年8月20日に4周年を迎えました。

画像にもある通り、4周年記念の7大キャンペーンが開催になっていて、4周年記念の特別ストーリーや、ログインボーナスでナナコレ(好きなSSRと交換出来る)が最大4つ入手可能、ランク100まで経験値が多く貰える等のキャンペーンとなっています。

この4周年と同時に、大型アップデートがありました。

この大型アップデートで大きな変更点といえるのが「メンバー画面のリニューアル」と、「ナナパス」の2つです。

今回はこの2つについてあげていきます。

スポンサーリンク

メンバー画面リニューアル

いわゆるデッキの編成やメンバーのレベル上げ、特訓、覚醒に使う「メンバー」のメニューが変更となりました。

大型アップデート前
大型アップデート後

※両方とも画面上部はトリミングしている状態のものになります。

編成、練習などのボタンが横一列だったものが、右端の縦列にも分かれての表示になりました。

そして、カードの絵は、キャラのアップから全体図の表示に変更されました。

アップデート前の並びはシンプルな印象がありましたが、全体図になった事で眺めているだけでも楽しいですw

画面右下にある(鍵表示のあるボタン)、ブローチボタンは、今回のアプデ後より表示はされているものの、今のところ未実装です。

一部のカードにブローチ機能はあるものの、現在のところは積極的に使用する状況ではないという認識なのですが、今後はブローチが必須になるような状態になるのか、気になります。

次に、カード一覧からカード毎の詳細を確認できますが、そのカード毎の詳細画面から練習、覚醒、特訓、ラビットノートの確認が出来るようになりました。

これまでは、カードを確認していて練習させたくても、メンバー画面のトップに戻ってくる必要がありました。

なので、この変更についてはかなり便利になったのではないかと思います。

ただ、右上のBACKボタンを押そうとすると、ラビットノートのボタンが反応してしまう事が何度かあったので、そこはちょっと改善して欲しいですね。

そして、これまで組めるデッキの数が5だったのですが、10に増えています。

これまではデッキの編成がかつかつで余裕がなく、イベントの度に作り直しているような状態でやっていました。

今回、編成数が倍増したため、イベントでは出番のない推し艦隊も常設しやすくなりそうです!

スポンサーリンク

ナナパス(Nana Pass) ※β版

※【9/7追記】こちらの記事で触れているナナパスはβ版についてのものであり、β版は9/2で終了しています。(最終結果は9/9の16:59まで表示されています)ゆくゆく本実装された場合は、出来る事が変更されている場合があります。

これまでも、イベントの合間の期間を中心に日課イベントが開催される事がありましたが、ナナパスはその日課イベントを常設化>したような存在です。

ウィークリー
デイリー

ウィークリーミッションデイリーミッション二通りあり、それぞれの条件を達成すると入手できる、ナナパス専用のポイントを集めていきます。

突然の万理さん登場にちょっとびっくりw

一定のポイントに達するとランクが上がり、画面下に表示されているアイテムがランク毎に1つ貰える仕組みです。

ウィークリーミッションは、右に表示された楽曲で条件を達成する必要があるようです。

一回のプレイでそこそこ高いスコアを求められるミッションがあるのですが、自分の戦力(それなりに育てたUR4枚+特訓MAXのSSR1枚)だと、全然達成出来ないです。

フレンドが借りられないので、そこが結構でかいのかもしれない…

※2019/9/1追記…全てパーフェクト数でスキル発動のUR2枚(判定縮小とスコアアップ)+SSR3枚(判定縮小2・スコアアップ1)の編成かつ、スコア上昇のアイテムとバッジを使用してプレイしたところ、全てのスコアミッションを達成できました。

一方、デイリーミッションは、楽曲プレイ系は好きな曲で遊べますし、フレンドも借りられるので、遊ぶ時間さえ取れればクリアは難しくはなさそうな印象です。

楽曲プレイだけではなく、一人練習させたり、FP(フレンドポイント)ガチャを一回回す(一日一回無料なので、FP消費は無し)ものが条件のものもありました。

もしかすると、日によって違うミッションも出てくるかもしれません。

とりあえず現在はβ版なので、このままの形で本格的に実装されるのか不透明ですが、おそらくナナパスは余程の不具合でも無い限り、常設されるのだろうと思っています。

これまで、イベントの合間はプリンラッシュや日課がある程度で、イベント中との落差が激しいイメージのあったアイドリッシュセブン。

このナナパスが本格的に実装されたら、イベント非開催時でもモチベーションを維持したまま楽しむ事が出来そうなので、早く常設で楽しめるようになって欲しいです。

それでは、今回はこのへんで。

コメント