続・緑色日和。

好きなことや気になることを、きまぐれに。

続・緑色日和。

MENU
うたのプリンスさまっ・シャイニングライブ
あんさんぶるスターズMusic
ブログのこと
Pinterest

ディズニー ミュージックパレードはディズニー楽曲が楽しめる良リズムゲーム!遊んでみた感想【ミューパレ】

ディズニー ミュージックパレードはディズニー楽曲が楽しめる良リズムゲーム!遊んでみた感想【ミューパレ】 ディズニーのキャラクターが登場するスマホゲーム(スマホアプリ)はさっと数え切れないレベルでたくさん出ていますが、先日新たにディズニーのスマホゲームが配信されました。

それは、「ディズニー ミュージックパレード」というゲームです。

ディズニー ミュージックパレード・トップ画面

ディズニー ミュージックパレードは、ディズニーの楽曲を楽しめるリズムゲーム(音楽ゲーム)で、ディズニー作品やディズニーの曲が好きならチェック必須といっても過言ではないゲームとなっています。

ディズニー ミュージックパレード
ディズニー ミュージックパレード
開発元:TAITO Corporation
無料
posted withアプリーチ

私も実際にディズニー ミュージックパレードを遊んでみましたが、ディズニーの世界観がしっかり表現されていて、かなり楽しいと感じました。

今回は、「ディズニー ミュージックパレード」の紹介と、プレイ開始から日の浅い状況ではありますが、実際に遊んでみて感じたことをまとめました。

ディズニー ミュージックパレード(ミューパレ)とは

ディズニー特化のスマホ用リズムゲーム

ディズニー ミュージックパレードは、2021年1月22日に配信開始された、ディズニー作品に特化しているリズムゲームです。

www.taito.co.jp

家庭用ゲームを遊んでいる方なら知っている方も多いであろう、タイトーが配信しています。

略称は「ミューパレ」でした

公式Twitterアカウントを確認したところ、ツイートに「#ミューパレ」というタグを使用していました。

色々なサイト・ツイートを見ても「ミューパレ」の略称を使っている方が多いので、かなり浸透してる感じ。

個人的にも「ディズニー ミュージックパレード」というゲーム名を毎回書いていくのは、ちょっと長めでしんどいので、ここから先は「ミューパレ」と表記していきますね。

「グルーヴコースター」という音楽ゲーム(リズムゲーム)がベース

タイトーには「グルーヴコースター(GROOVE COASTER)」という音楽ゲームがあり、ゲームセンターでプレイできたり、スマホアプリ版やニンテンドースイッチのダウンロード版も配信(有料)されています。

groovecoaster.com

ミューパレのプレイ方式は、グルーヴコースターのプレイ方式が全面的に取り入れられています

そのため、クオリティの高さは保証されているといっても過言ではないかもしれないですね。

私は、ミューパレのプレイ前にニンテンドースイッチ版の体験版をプレイしたことがありましたが、タッチパネルとコントローラー操作の違いはあるものの、ミューパレとプレイそのものの雰囲気は変わらなかったです。

次の項目からは、実際にミューパレをプレイしてみての雰囲気を説明していきますね。

ミューパレを実際にプレイしてみた印象

縦持ちプレイだった

ミューパレは縦画面でプレイするスタイルです。

私がプレイしてきたスマホのリズムゲームは横向きにしてプレイすることが多かったので、縦持ちでリズムゲームを遊ぶのがちょっと新鮮でした。

ハートを消費してプレイするスタイル

ミューパレで楽曲をプレイする時はハートを消費してプレイする方式です。

ハートは、ジュエル(石)使用で回復することが可能(ハート1でジュエル30消費)です。
※ハート回復のアイテムもあるようですね

ミューパレ・ハートをジュエルで回復

さらに、動画を視聴することでハートを回復させることもできます。

ミューパレ・動画視聴でハート回復

ホーム画面上部のメニューだけ見ると、ちょっとツムツムっぽい感じがするかも?

ミューパレ・画面上部のメニュー

ステージを進めていくのが基本の流れ

ミューパレ・ステージのマップ

ミューパレでは、用意されているステージを進めていくことがメインの目的になります。

基本的には、楽曲プレイで一定のポイントを貯めてステージをクリアしていく流れです。
※一部例外あり

ステージをクリアするごとにジュエル80個が貰えて、新要素が開放されたりアイテムが入手できます。

ステージをクリアしても、ストーリーが展開するようなことはなかったので、ミューパレにストーリー要素はなさそうですね。

リズムゲームはアトラクションのようなライド感あり

ミューパレのベースになっているゲームが「グルーヴコースター」ですが、ミューパレも「コースター」の名の通り、まるでコースターのようなプレイ感です。

↑のツイート内の動画を見ていただいた方が早いかもしれませんが…

ミューパレのプレイ画面

コースターのようなラインを追いかけるように画面が動いていき、ライン上に表示されるノーツ(アイコン)をタップ・長押し・スワイプで操作するプレイスタイルです。

ミューパレ・プレイ時はどこをタップしてもOK(説明画面より)

画面上であれば、どこをタップしても判定されますし、EASY・NORMALレベルなら片手でも余裕を持ってプレイできると感じました。

楽曲によっては、ラインが激しく動いたり、高速になったりするため、まさにアトラクションに乗っているようなライド感が楽しめます。

ディズニー楽曲(ディズニーソング)で遊べるが、英語&アレンジバージョン

色々な楽曲をプレイしましたが、いずれの楽曲もオリジナルではなく、英語歌唱かつアレンジされたものとなります。

違和感を覚えるレベルではないのですが、ディズニーの原曲でプレイできる!と思っているとガクッとくるかもしれないと思いました。

ミューパレ・ソロプレイの楽曲選択画面

プレイできる楽曲はステージクリア・ミュージックライド(星5)で追加になるものや、楽曲開放用の鍵アイテムでプレイ可能になるものもあるようです。

メインのプレイモード(「プレイ」)は他プレイヤーとの4名同時プレイ

メインのプレイモードは、一人でのプレイではなく、他のミューパレプレイヤーと合わせて4名での同時プレイとなります。

ミューパレ・メインのプレイモード

プレイする楽曲はランダムとなっています。

プレイ前&プレイ後にスタンプが表示できる機能こそありますが、自分以外のプレイヤーの選択した難易度やプレイ中の状況はわからないので、わりと気楽に遊べる印象でした。

ソロプレイモード・フレンドとの同時プレイモードもある

ミューパレ・ソロ&フレンドとプレイ

一人で好きな楽曲をのんびりプレイしたい!という時のために、ソロでプレイできるモードも用意されています。

さらに、ステージ3をクリアする必要はありますが、ミューパレのフレンドとの同時プレイ(パーティ)モードもあります

私はパーティモードはまだ未使用なのですが、家族・友人やネット上の仲間とプレイを楽しめたら盛り上がりそうですよね!

ライドは基本ガチャで入手

ミューパレにおいてのスマホゲームのカード的な要素となるのが「ミュージックライド」です。

ミューパレ・ミニー星4ミュージックライド

パレードのフロートっぽい感じですかね?
どのライドも、キャラクターの個性が出ていて可愛い!

ライドのレベルを上げるとスコアが高く出せるようになるので、レベル上げも頑張っていく感じですね。

なお、ガチャでの最高レアは星5(楽曲つき)となりますが、確率は1.5%とかなり厳しめです。

ちなみ、ガチャ等でライドが重複した場合、一定の枚数が重なるとレアリティ(星)が上がります

ミューパレ・重複ライドのレアリティアップ

星1のライドも、ガチャ最高レアの星5より上のレアリティとなる星6まで上げられる仕組みですが、星4以上のレアリティに上げるためには10枚同じカードが必要になるため、かなりガチャを引かないと厳しそうですね…。

なお、ステージ7をクリアすると選択可能になるコインガチャでは、ライドだけでなく「メモリー」というアイテムも入手可能です。

ミューパレ・メモリー

メモリーも強化のためには必要になりそうな感じですし、コレクションするのが楽しそうですね。

ここまで、ミューパレの仕組みを紹介してきましたが、私が実際にミューパレをプレイして感じたこともまとめておきます。

ミューパレを実際にプレイして感じたこと

プレイ画面のCGが綺麗

ミューパレをプレイしていて強く思ったのは、リズムゲーム画面の背景で表示されるCGがめちゃくちゃ綺麗だということでした。

標準画質でプレイしていますが、設定したことを忘れていたくらい綺麗だと思えています。

ミューパレ・ムーラン曲プレイ時の画像
イルミネーションのようなグラフィック

上の画像はムーランの曲をプレイしている時のものなのですが、ムーランの世界が表現されていると思いませんか?

ドット的な感じで表現されているのですが、どの曲も元の作品の雰囲気が出ていて、つい見とれてしまいミスる…という状態が日常茶飯事になっているレベルですw

個人的イチ押しなのは、プーさんの曲の背景ですね。
100エーカーの森を探検している気分になれるので、まだ見ていない方はぜひ見てほしい…!

リズムゲームはシンプルなシステムだが人を選ぶかも

基本的に、ミューパレのリズムゲームは画面をどこでもタップしてもOKで、敷居の低いプレイスタイルです。

しかし、降ってくるノーツをタップするタイプのリズムゲームと比べると、ラインの動きと一緒に画面内の画像も動く仕組みなので、アトラクションに乗っているような感覚で楽しい半面、中にはプレイがしんどいと感じる人もいるだろうな…と思いました。

画面が激しく動く状況でタップしなくてはいけない時もあるため、人によっては画面に酔うかもしれないですね。

さらに、ノーツの大きさも標準サイズが小さいために、動きが激しい譜面の時にノーツが行方不明(=自分のライドを見失う)になることも多々ありました。

ラインに表示されるノーツの大きさはプレイ前の画面で変えられますので、「2倍」か「1.6倍」で遊ぶことを強くおすすめしておきます!

ミューパレ・ノーツのサイズ変更
ノーツは大きいものに変えた方が見やすかった

ホーム画面のBGM(歌)もディズニーの雰囲気が出てて良し

ディズニーの楽曲がプレイできるミューパレですが、ホーム画面で流れているBGMもディズニーっぽさを感じています

この曲に似てる!とパッと思い浮かぶわけではありませんが、TDRのショーとかで流れてきそうな感じの曲(歌)なんですよね。

楽曲をプレイしていない時でも、ディズニーのパークにいるような…というのは大げさかもしれませんが、ディズニーの世界の中にいるような気分を味わえるのも密かなポイントだと思いました。

今後の追加要素・プレイ環境改善に期待

この記事を書いている現在は配信から数日という状況のため、ゲーム内でイベントが開催されるかもわからない(あるとは思いますが)です

【2021年2月16日追記】2021年2月15日より、初イベントとなるアナと雪の女王2イベントが開催されています。

midori-biyori.com

オープニングムービーに登場しているのに楽曲やキャラクターは未登場…というものもかなりあります。

今後、追加要素が色々とあると思うので、どんどんいろんな作品や楽曲が追加されることを楽しみにしたいですね。

そしてアプリストアの評価コメントを見ていると「アプリが強制終了した時に、ハートが消費されている」「ノーツが見づらくプレイしづらい」という意見がかなり多いような印象でした。

こういった不満を持たれがちな点についても少しずつ改善し、多くの人がプレイを楽しめるゲームになってほしいな…と一プレイヤーが偉そうにすみませんなのですが、率直に思いますね。

ディズニー好きも、リズムゲーム好きもミューパレを遊んでみる価値アリ!

ここまで、ディズニー ミュージックパレード(ミューパレ)というディズニーのリズムゲームについて、そして遊んでみた感想についてまとめてみました。

個人的には、「ディズニーのリズムゲーム」という普段リズムゲームを触ったことのない層でもとっつきやすい雰囲気と、ラインに沿って画面がかなり動くというぱっと見マニアックなリズムゲームというかけ合わせが、どう受け止められるんだろう…と思っていました。

とりあえず、配信後数日という現在の状況としては、多くの人がミューパレをプレイしているような雰囲気ですね。

Google プレイストアの無料ゲームランキングでも2位に入っていました(2021年1月25日現在)。

Googleプレイストア・ミューパレ2位

正直、ミューパレはかなり人を選ぶタイプのゲームだと思うのですが、背景のCGの美しさはディズニー好きなら一度見て欲しいレベルです。

アレンジ版ですがディズニー楽曲が楽しめますし、ライドも可愛いので目の保養になりますよw

そして、リズムゲームとしても、ライド感を楽しみながら曲を叩く…というプレイが楽しめるので、色々なリズムゲームを遊んだ方にも、新鮮な気持ちで楽しめるのではないでしょうか。

ディズニー好きも、リズムゲーム好きも、一度「ディズニー ミュージックパレード」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ディズニー ミュージックパレード
ディズニー ミュージックパレード
開発元:TAITO Corporation
無料
posted withアプリーチ

ミューパレでリセマラした時の流れや感想についても、別の記事にてアップ予定です。

【ミューパレ】リセマラは必要?効率よく進める方法も説明【ディズニー ミュージックパレード】 - 続・緑色日和。

それでは、今回はこのへんで。