続・緑色日和。

好きなことや気になることを、気まぐれに。

うたの☆プリンスさまっ♪ シャイニングライブ(シャニライ)にハマってる件

スポンサーリンク

またまたのんびりしていたら、12月中旬になってしまいました…

今回は、ここ数週間ハマっている

うたの☆プリンスさまっ♪シャイニングライブ(以下シャニライ)

について書いていこうと思います。 うたプリ・シャイニングライブ(シャニライ)にハマってる件

私のうたプリ歴

このうたの☆プリンスさまっ♪(通称うたプリ)は、PSPやPSvitaでゲームが発売されていたり、アニメもシリーズ化されている作品です。

私は、6~7年ほど前にPSP版のRepeat(一番最初に発売した初代のうたプリをリメイクしたもの)で、うたプリの存在を知りました。

その頃はいわゆる乙女ゲーム(女性向けの恋愛もの)を色々プレイしていましたが、割と健全な展開でお付き合いに発展する作品が多い中、うたプリの大恋愛EDの刺激の強さに衝撃を覚えた記憶がはっきり残っていますw

ほぼ同じ時期に始まった、アニメ版シリーズの最初の作品である「マジLOVE1000%」では、アイドル候補生の彼らがアイドルとしてステージで輝くまでの姿が描かれていて、恋愛がメインのゲームとは違う世界観が新鮮に感じたこともあり、全話集中して観ていました。

その後、ゲーム・アニメ共に続編が作られていることは知っていたのですが、別の乙女ゲームに関心が移っていき、更には乙女ゲーム自体に興味が無くなっていってしまったりで。

完全に、うたプリは「過去に好きだった作品」の一つになりました。

シャニライを始めたきっかけは娘

そんな流れで、うたプリから離れていた私。

何故、うたプリのスマホゲームに手を出したのかというと。

中学生の娘が、うたプリにハマり始めたのに影響されたからです。

相変わらず影響されやすい性格だなぁ…と我ながら思いますがw

娘がうたプリに興味を持った詳しいきっかけはよく分からないのですが、どうやら友人とカラオケに行った時にマジLOVE1000%を歌った(聞いた?)らしくて。

その時、当時小学生だった娘が、私と一緒にうたプリのアニメを観ていたことを思い出して、気になったらしいのです。

ゲームの刺激の強い展開は小学生には完全アウトでしたが、アニメは安心して見せる事が出来る展開だったので、一緒に観てたんですよね。

その流れで、久しぶりにうたプリについて色々と調べていたら、うたプリのスマホゲーム版であるシャニライの存在を知りました

そこで娘が遊ぶようになったのですが、楽しそうに遊ぶ姿を見て「私もやってみようかな…」と思いました。

うたプリ自体へのの懐かしさも勿論ありましたが、これまでリズムゲーム(音ゲー)はゲーム機でしか遊んでこなかったので、スマホのリズムゲーム自体に興味があったことも大きかったです。

ST☆RISHのメンバーのみしか知らず、QUARTET NIGHTの情報はゼロという状況ではありましたが、知ってるキャラがいる作品で遊べた方が楽しめると思いました。

シャニライはSIMフリースマホでも遊べる(条件あり)

そんな流れで始めたシャニライですが、始めるにあたって一番不安だった事がありまして。

SIMフリースマホでちゃんと遊べるのか?ということでした。

現在はHuawei novaというSIMフリーのスマホで遊んでいますが、時々カクつきを感じる事はあるものの、基本的には問題なく遊べています。

詳しいhuawei novaのスペックについてはここでは触れませんが、CPUはsnapdragon625(huawei製では珍しくkirinではありません)、メモリのRAMが3GB、ROMは32GBです。

androidのバージョン等で使用感は変わるかもしれませんが、この数値が近いかそれ以上になっているスマホであれば、同じ様にそこそこ(強調)安定して遊べるのではないかと思います。

一方、huawei novaの前に使用していたP8 liteでは、インストールは出来ましたが、タップのすり抜けが多過ぎるため、PROだとお話にならないレベルでプレイがままならない状態です。

ですので、SIMフリースマホでシャニライを遊びたい方は、スマホの性能をよく確認しておいた方が良いです。 Screenshot_20171213-090639

オートプレイ有なのでリズムゲーム苦手でも安心

一度クリアしたことのある曲なら、クリアした難易度より上のレベルのものでもオートプレイで演奏する事が出来ます。

音ゲーが得意ではなかったり、プレイする余裕があまりない時でも遊べるのは有難い機能だなと思いました。

現在のデッキの状況

Screenshot_20171213-090411 演奏のスコアはデッキを組んでいるカード(7枚編成)で左右されます。

どんなに演奏が得意でも、手持ちのカードの能力が低いと高いスコアは出ない仕様になっています。

上の画像にあるキャラクター達は撮影(いわゆるガチャですね)で入手できるのですが、一番レア度の高いURのものは排出率2%なだけあって、無課金で入手したプリズム(パズドラでいうところの石)だけだとほとんど入手出来てないです。

手持ちのURの3枚の内、トキヤのURはリセマラで入手。

レンURは開始した時に貰えるUR確定チケットで入手。

蘭丸URは12/12まで開催していたイベントで入手したものです。 Screenshot_20171206-184816 Screenshot_20171211-223608 イベントで最高レアのカードが貰えないゲームも多い中、そこそこ張り付いて(プリズムを使って)頑張りさえすればURが貰えるのは有難いです。

でも、出来たらもうちょっと、撮影からもURが出てきてくれたらいいのになぁ…なんて思ってしまうのも正直なところですね。

無課金の分際でそんな事を言うのは、贅沢が過ぎるかもしれないですけど。

うたプリの曲は良曲揃い!

シャニライでうたプリの曲を聞いていると、ゲームをプレイしていた当時もうたプリの曲は大好きなものが多かったですし、当時は知らなかったQUARTET NIGHTの曲も素敵な曲が沢山あって、うたプリの曲は良曲ばっかりだなと実感しています。

うたプリにハマっていた当時、アルバムが出たら絶対買うのに!…なんて思っていたことを思い出しました。

現在も歌のみのアルバムは発売はされていないようなので残念です。
※2019/8/9追記…ST☆RISHのメンバー毎のソロアルバムが2019年6月より順次リリースされています!

改めて、うたプリの曲っていいなぁ…と思い直すと同時に。

シャニライでまだ遊ぶことが出来ない曲がまだまだ沢山あるので、少しずつでもラインナップが増えてくれたらいいなぁと思います。

シャニライ初心者の方向けの攻略記事をアップしています。よろしければ↓

midori-biyori.com

それでは、今回はこのへんで。